可愛い白人を彼女にするブログ

交際経験ゼロ、女性恐怖症、対人恐怖症などを患い、行く先々でいじめられたり馬鹿にされ続けてきた。23歳の大学生。こんな人生を一からやり直すために一年筋トレを努力し2/11〜3/11オーストラリアのシドニーにいき語学留学と白人ナンパをする。これは恋愛偏差値最底辺の男が最高の女たちを狙う下克上の物語である。現在(9/15)は大学生として名古屋で白人の彼女を作るために活動中!

シドニー滞在記#15二度目の失恋、そして遂にシドニー中心街進出!


f:id:yumechan1028:20170513104738j:plain

今日思った事がある


それは俺の声かけ内容に問題がある


ということ


というのも俺はこれまで70人近い白人に


・道聞きナンパ

・Hi ! How are you?


のどちらかで声かけをしてきた


だがこの声かけでは


バンゲしかできなかった


しかも内4つが死番だった


つまり、この声かけ方法は効果が薄い


なので明日からは


もっと面白い声かけや女の子が食いつくような話題で攻めてみる事にする


明日から改善するべき点は二つ


・始めに声をかけるセリフを変える

・つまらない話でも会話を続ける事


(つまらない話でも会話を続ける事についてはブログの下の方に書いてあります)


「結果はでなくても経験は積めた」


70人の白人に上記の二択でナンパしてきて


見ず知らずの白人に声かけする事に慣れてきたのだ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(本編)


今日、目覚めてから例のフランス人にメール

するとすんなり即アポが通った


昼間にホームステイ先を出発して


シティ(シドニー中心地のこと) へ向かう


フランス人とのアポは一時間で口喧嘩になり

解散となった


結論を言うと彼女は


「相性があわない」


という理由で解散を求めてきたのだが


俺には自分の実力不足としか思えなかった


これでシドニーに来て二度目の失恋だが


前回の突然のメールからの失恋に比べれば


今回は納得がいく別れだし


女の子にいい意味で振られ慣れたのだろう


以前とは違い、


彼女と口論の末 別れたあとも


声かけできるメンタルがあった!


なのでいつも通りハイドパークへ向かった


今日は日曜日


カップルだらけで声かけ対象が見当たらない


そしてシティ中心街へ向かった


今までハイドパークにこだわっていたのは


人目が少なくナンパし易いからだ


だが 声かけすることに慣れてきた今の俺にとって


ハイドパークは人気が少ない、ただの効率の悪いだけの場所となっていた


その後一時間の散策で


シティでは5声かけで終わった


しかし今日は地蔵が多めだった


言い訳としては


・昨日ナンパしてなかったブランク

・シティ中心街の迫力

(ただし今まで中心街で2回ナンパしてる)

・失恋のダメージが僅かながらあった


からだと考えられる


日曜日のシドニー中心街からホームステイ先に帰る公共交通機関は少なく17:35分を逃せば帰れなくなるので帰宅


最寄駅で二回もお地蔵さんにww


やはり周りに目つきの悪いガチムチ外人がいると怖くてナンパできない 爆


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今日の5声かけで思ったのは


「どうすれば女の子をものにできるか」


という事だった

故に冒頭の話に繋がる


今日声かけした5人の子の中に

2人反応のいい子がいた。


一人は歩いている子だったんだが


俺が声かけすると立ち止まったのだ!


俺はうまく会話できなくてチャンスを逃した


もう一人はベンチに座っていた子


俺は二人ともに

「Hi,how are you」から入った


そして反応良かったのにも関わらず

女の子と会話を続ける自信がなくて


「Are you single?」とか聞いてしまった


勿論、彼氏がいてもいなくても


断られるのが関の山だ


明日から改善すべき点は二つ


・始めに声をかけるセリフを変える

・つまらない話でも会話を続ける事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


日に日に大胆になって来ている


周りの目線も関係なくなりつつある


ナンパスキルを向上させて

一日でも早く次のターゲットをゲットしたい


今現在、デート予定も無ければ


メールしてる子もゼロだ


確かに日本で日本人に声かけする方が


言葉と文化の壁がなくて楽かもしれない


だけど日本で日本人に声かけした時は14声かけで諦めた(去年の10月頃)


ここで続けられるのは


俺が白人女子が好きだからだろう