可愛い白人を彼女にするブログ

23歳の大学生が白人好きでいろいろと拗らせて作ってしまったブログ

シドニー滞在記#24 期待薄

f:id:yumechan1028:20170308141712j:plain

朝起きて、昨日行こうとしたけど道に迷ってたどり着けなかったサーキュラーキーに向かう。


人はたくさんいたが声かけ対象となる女性はなかなか見かけない。オペラハウス前まで二往復したが、地蔵。


とは言っても5人くらいしかいい女を見かけない。時刻は12:00頃。とりあえず他の場所へ移動しようとシティの中心街まで行くがここでも地蔵。


今までよくこんな人通りで声かけしてたなと客観視してしまう。


やはり、俺はセック◯を目標としている


セックする為の方法としては


ヨネスケ(女の家でセック◯する事)

ラブホ周辺でアポ、声かけ


の二つがあるが今の俺には圧倒的に難易度が高い様に思えた。


ハイドパークをうろちょろ

声かけ対象がいない。


そしてまた、シティをうろちょろ

地蔵。


シティやモールでは成功体験が積めていない為余計に地蔵する。


シドニー滞在も今日いれても三日


最後に一人の美女と


アポか連れ出しまでいきたい


だが、僅かすぎるセックへの可能性に俺のコアが反応しない。


女を連れ出す事すら大変なのに


その女が


・ホームステイ

ルームシェア

・実家


に滞在しているだけで詰んでしまう。


だから観光地の旅行客を狙うが美女は見かけない。


旅行客だからと言って一人でホテル住まいのは考えにくい。


僅かすぎる可能性に俺は女を探す眼すら失っていた。


正直、もう俺が理想としてきた白人のレベルの10倍くらいのレベルの女といちゃいちゃまで行けたのと


この僅かなセックへの可能性から


以前のようなハングリー精神がなくなっていた。


正直ここまで出来たんだから早くホームグランド(日本)に帰って外人ナンパしたい気持ちでいっぱいだった。


なかなかめぼしい女を見かけず


見つけたとしても地蔵。


ちょうどよくちょうどいい場所に美女がいた今までが運が良すぎたのかもしれない。


今日は5時間も歩いたのに


0声かけ。


地蔵。


地蔵数を数えたらきりがないが


新たな出会いを求めつつも

諦めている自分がいた。


見苦しいいい訳が続いた。


この結果に満足している自分もいた。


最後の力で連れ出しを...


セックは無しだと自分で決めつけて

ヤる気も起きずにいたらそこで終わりだ


昨日の夜も明日どこに行って声かけしようか考え込んでいたが、明確な答えがない。


最近はずっと雨で天候が悪く、どこに行こうかはこのところ毎日の課題だった。


そして明日はどこに行こうか?


明日は実質滞在最後の夜


過去二回の連れ出しは


周りに人が少ないタイミングの

ハイドパークで行なっている。


多分俺は周りに人が少ないと自信もって声かけできてるんだと思う


もし周りに人がたくさんいてもしっかり女に話す勇気があれば連れ出せる。


これは義務ではないから休んでもいい。


でも自分の成長のためには


これを乗り越えなければならない。







シドニー滞在記#24 いい加減晴れてくれ...


昨日バンゲした三人にメッセを送る。


二時間後、ナディンから返信が来た。


ナディンは胸元をガッツリ開けた巨乳で学園カーストのクイーンかワナビーくらいのポジションな雰囲気がただよっていた。


これは、一番以外な奴から一番最初に返信が来た。


その後、木曜日の件を念をしすると返信が途絶えました。


ステファニーとエイミーからの返信はなし


?????


彼女たちとは5分喋ってバンゲしただけだが、今までバンゲして来た誰よりも好感触だったので以外だった。


やはり、連れ出しとかしないと女の子との距離は縮まらない。


初バンゲのフランス人とはデートに行けたから油断していた。


これで10人バンゲだけして


デートにたどり着いたのは最初の1人だけ


バンゲするだけでは何の意味もないように感じた。


日本人で興味持ちフックが刺さっても返信すら無いとは..


確かに彼女たちは学生で勉強やバイト、学校活動で忙しく、5分喋っただけの男とデートに行く程ひまではないのだ。


と、自分に納得させ街へ向かう。


観光がてら


シドニーのハーバーブリッジを歩いた


景色は最悪で通り雨も酷い


上の写真は天気がいい日に撮ったもので今日は写真を撮る気すら失せるどんより曇り曇っていました。


シドニー天気ずっと悪いのは最悪だよな〜



そのままサーキュラーキーでナンパしようと思ったが、方向感覚に鈍いと定評の俺は無事自分のホームグランドハイドパークに到着するw


実に3キロの長旅であった。



もう明日でいいやと思い帰宅する。